スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ旅行 ~アユタヤ遺跡

こんにちは。
旅行記にお付き合いくださり、ありがとうございます。


前回の記事で、お坊さんの修行で寺に入る青年の親類縁者が
境内を練り歩いていた画像を紹介しましたが
ガイドさんの説明によると
タイの男性のほとんどは、一度はみなお坊さんの修行をされる・・との事です。
法律で定められている訳ではないけれど
皆、自分で修行の道を選ぶのだとガイドさんは説明されてました。

一方、タイには軍隊があり、男性の30%の人が徴兵されるそうですが
こちらの方は希望者がいないため、なんとくじ引きをするそうです。
そんな話からも、タイの方達と仏教の深い結びつきを感じたのでした。


そして、食事のことも書き忘れていましたが、
私達は全て食事付きの旅行プランを選んだので
殆どがバイキング形式で、食べられなくて困るような事はありませんでした。

でも、私は辛いのが苦手なので、トムヤムクンはちょっと味見しただけ
タイスキのタレも醤油味ばっかりつけて食べてました。
タイラーメンはなかなかの美味しさ、でも私が一番美味しいと思ったのは
空芯菜の炒め物だったんです。笑

フルーツは甘いものから甘くないものまで・・・。
フルーツコーナーには必ず、塩と砂糖と辛子を混ぜたような物が置いてあり
それをつけて食べるよう勧められました.
スイカに塩をふって食べるのと同じ感覚なのだろうけれど
あましょっぱからいって・・・ちょっとね・・
そのまま食べた方がだんぜん美味しい気がしました!


121115-4.jpg


一日目は夕方から雨が降り始め、アユタヤへの車中ではかなり強い雨に
見舞われました。
それでも、タイの雨は長く降り続く事はないのだそうです。
着いてしばらくすると、雨は見事に止み
夕食の後には、アユタヤ遺跡のライトアップも見る事ができました。


121122-1.jpg


去年タイでは3か月の長きにわたって洪水の被害に会い、アユタヤも大きな被害を
受けたそうです。
このライトアップもずっと中止されていたのですが
私達が行った日から再開されたとか・・。
なんというラッキーな事でしょう!
目の前に広がる幻想的な光景に息を呑んで立ちつくしてしまいました。



そして、翌朝早く「アユタヤ遺跡」の観光が始まりました。

ワット・マハタート


雨上がりの遺跡はしっとりと静寂の中に佇んでいました・・。


121122-2.jpg


121122-3.jpg


121122-4.jpg


ここの遺跡の仏像には頭がありません・・・。
かつてビルマとの戦いに敗れ、頭は切り落とされてしまったそうです。


121122-5.jpg


戦争とは何と残酷なことか・・・。
同じ仏教国でありながら、仏像の頭を切る・・。
その残酷な行為をした兵士たちだって、
本当はそんな事はしたくなかっただろうに・・。
遺跡が、戦争の傷ましさを後世に語り継いでくれているようでした。


菩提樹の木の根が仏頭を包みこんでいます。


121122-6.jpg


最初はギョッとして、でも菩提樹の根に守られた仏像のお顔を拝見していると
安らかな気持ちになって行くのでした。


121122-7.jpg


ワット・プラ・シー・サンペート


3基の仏塔は3人の王の遺骨が納められているそうです。

121122-8.jpg

121122-9.jpg


大きな礼拝堂の跡だそうです・・。

121122-11.jpg


ワット・ロカヤスタ


ココにも大きな涅槃像が横たわっていました。

121122-12.jpg


ガイドブックで見ていたものとはずい分と違った印象。
もっと白いと思ったんだけど・・。
これも洪水の爪痕なのでしょうか?


遺跡めぐりの後は、ゾウ乗り体験もしました。
もう一生乗ることはないだろうからと、思い切って背中に乗せていただきました。
ものすご~く揺れて、恐かった!
しがみついてました。

121122-13.jpg



バン・パイン宮殿

とても美しい宮殿で要人を迎えた時などに使っているそうです。
小泉さんも泊まったとか・・。

121122-14.jpg


121122-15.jpg


タイ旅行の第一目的とも言える、アユタヤ遺跡めぐりは
さすが世界遺産だけあって、歴史を肌で感じられ
複雑な思いにもかられたけれど、やはりすばらしい場所でした。


3日目もめいっぱい夜まで動き回り、夜10時半頃の飛行機に乗り
翌日早朝に羽田に着きました。
羽田に近づく飛行機の中から見た景色です。


121122-16.jpg


美しい夜明けの風景を眺めながら、自分の国に戻って来て
まずは安堵感。。。

とてもいい旅でした。
友人に感謝です。



旅行記に最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。



ポチっと応援おねがいします♪
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【タイ旅行 〜アユタヤ】

こんにちは。旅行記にお付き合いくださり、ありがとうございます。前回の記事で、お坊さんの修行で寺に入

コメントの投稿

非公開コメント

No title

タイでも遺跡のライトアップがあるんですね~
素敵♪

同じ仏教国どおしでありながら
仏像を壊してしまうなんて・・・
信仰がありながら悲しいことですね
宗教も国の境も越えて
皆が幸せに過ごせる世の中が訪れたらいいのに・・・・

そうしたら無理に徴兵に出なくても済みますしね♪

No title

タイの 遺跡って 独特な 雰囲気が ありますよね。
ここだけ 時が とまってるかのうような…
お写真に じじっと 見入っちゃいました〜
その当時の 不思議な 空気も そのまま 残ってそうで
いろいろな 思いが めぐりますね。
実際 行ってみると ハダで 感じるものも ありそう★彡

No title

こんにちは~。
アユタヤ、ライトアップからゆっくり観光できたようで良かったです(^^)
仏像のアタマがほとんど切り落とされている光景には、
胸に来るものがありますよね。。。
きらびやかに整備されているバンコクの寺院と、
過去の悲しい惨劇をそのまま留めておいているアユタヤ、
歴史は歴史として受け止めるタイの人々の懐の深さなのでしょうか。。。
戦争は人の命だけでなく、信仰すらも破壊していくんですね。。。

ゾウさんにも乗られたんですね!
予想以上に揺れて怖くなかったですか?
でも、慣れるととても楽しくて、
ワタシ、大好きです(^m^)
乗った後に、餌をあげたりスキンシップしたり♪
洪水の被害からやっと立ち直ったんですね。
大好きなタイが、あの洪水の被害に見舞われた時、とても心配していたのですが、
復活して良かったです。

rose様

ライトアップは外から眺めただけで
幻想的だぁ~!なんて感動していたのですが
翌朝は頭のない仏像を見ながら
切ない気持に・・。
歴史の流れや重さが漂う
独特の雰囲気のアユタヤ遺跡でした。

のんママ様

アユタヤ遺跡を見学する日は
とっても愉快な関西のおばちゃま達と一緒だったのですが
その愉快な方も、ポツリと
「戦争はしてはあかんってことやな・・」と。
まさに歴史を肌で感じている気がしました。(^^)

ピノかあちゃん様

予想をはるかに超えて感動した「アユタヤ遺跡」でしたが
タイの洪水以降、遺跡の塔が傾いているものもあり
ガイドさんが、来年はもうないかも・・なんていうものもありました。
それもまた歴史、という事になるのかもしれないけれど
洪水で被害を受けた部分だけは
修復して残して欲しいなと思いました。(*'-'*)

さすがママさん、ゾウ乗りもへっちゃらなんですね。フフッ♪
娘が以前乗った時は、ゾウが突然走り出したらしく
それは、とても恐かったそうです。(゚m゚*)プッ




プロフィール

*エミ*

Author:*エミ*
2匹のポメたちとのまったり生活から一転
孫ふたりにマゴマゴ、そしてドタバタな毎日です。

ランキングに参加しています。
我が家のワンコ
☆るうい☆
ポメラニアン
♂ 2001.10.13生まれ
  2014. 2.10 お空へ引っ越し P1080775.jpg ☆りん☆
ポメラニアン
♂ 2006.3.16生まれ
P1080773.jpg
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問ありがとうございます♪
フリーエリア
季節の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
今日のおすすめレシピ♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。